見た目を整える!きれいにしてから査定

商品の印象を上げることがポイント

不要なブランド品を買取してもらいたいときには、事前に見た目を綺麗にすることが大切です。見た目が汚い状態のまま査定をしてもらうと、査定員が最初に見たときの第一印象がかなり悪くなってしまいます。結果として、買取金額が減額されてしまうこともありますので、高く売りたいなら出来るだけ商品の隅々まで綺麗に掃除をしてから売るようにしましょう。ちなみに、ブランド買取店によっては、見た目の綺麗さによって全く同じ商品でも新品同様や美品、ダメージありという具合にランク付けされていることがあります。一段階ランクがアップするだけで数千円の違いが出ることもあるので、掃除は多少時間がかかったとしてもやっておくことが大切です。

綺麗にするときのポイント

また、ブランド買取では掃除をして見た目を綺麗にすることは大切ですが、やりすぎは良くないケースもありますので注意が必要です。例えば、商品にダメージがあり、それを隠すために自身で縫って補修したり、ペンやマーカーなどで塗りつぶしたりすると逆に減額になってしまうこともあります。ただ単に商品のホコリを払う程度なら問題はありませんが、商品自体に手を加えるのはNGの場合が多いです。ですので、掃除をする時は目に見える汚れやホコリだけを、商品に傷がつかない程度に取り除くようにしていきましょう。もし、どうしても商品を補修しないと査定価格がつかないような場合は、ブランド品の修理を専門に取り扱っているプロに依頼すると安心です。

ロレックス買取は人気によって価格が大きく上下動します。タイミング次第で買取価格が変わるので注意しましょう。